語呂合わせで暗記する勉強法 その優れた記憶術と覚え方を紹介します。

13.地学の暗記

記憶術の仕方・方法通信講座|このやり方は受験勉強にも効果的♪

地学にはあまり暗記項目はないようですが、地味なところで覚えなければならないものがあります。

たとえば火成岩の種類などがそうです。

火成岩は「しんかんせんはかりあげ」 深成岩 橄欖岩 閃緑岩 斑レイ岩 火成岩 流紋岩 安山岩 玄武岩の頭の語呂をとったものですが、なかなか覚えやすいですね。

ところで、地学は他の科目にはあまりないことを覚えなければなりません。それは漢字です。

語呂は覚えても漢字が書けなければ試験には通りません。

橄欖岩なんて結構勉強しなければ書けませんよね。

語呂と一緒に必ず覚えるようにしましょう。

「転校生、来たら信号右折して、移動増えれば転校増える」 |(転向力は北半球では進行方向に直角右向き、緯度が増えると転向力も増える)というのもあります。

地学という科目は好き嫌いのはっきり出やすい科目ですが、得意不得意はあまり差がありません。

英語や数学のように、得意な人は張り切って覚えるけれど、苦手な人は全然ダメということはないのです。

点数の取りやすい科目が地学です。

いろいろ語呂合わせを覚えて、要領よく乗り切りましょう。

スポンサーリンク

14.物理の暗記

目次