語呂合わせで暗記する勉強法 その優れた記憶術と覚え方を紹介します。

17.記憶術を考える

記憶術の仕方・方法通信講座|このやり方は受験勉強にも効果的♪

昔の人間は記憶術に長けていたというお話はご存じでしょうか。

中世以前にはインターネットどころか書籍すらなく、仏典や聖書を暗記することは、教養人の基本でした。

記憶術には2つの方法があります。

純粋に記憶のコツのようなものによって記憶の効率を上げる方法、もう一つは、人間の能力を向上させることによって記憶力を向上させる方法です。

記憶術にとって大事な概念の一つに「分割」と「組み立て」という手法があります。

あまり多くの情報を一度に詰め込むとそれに対処できないので、膨大な情報を記憶する際にはそれをいくつかの短い断片に「分割」(チャンク化)して、各自にそれを記憶し、後にそれをつなげる「組み立て」を行うことで記憶を完成させるということです。

最初から全ての物事を記憶しようとしてもそれは無理なので、どうやって分割して、あとで再構成できるようにメタ記憶を強化しておく。これが正しい記憶術です。

スポンサーリンク

18.右脳の活性化

目次