語呂合わせで暗記する勉強法 その優れた記憶術と覚え方を紹介します。

19.脳を鍛える食べ物

記憶術の仕方・方法通信講座|このやり方は受験勉強にも効果的♪

極端な食事制限や絶食すると、脳の機能は低下します。

記憶力、判断力、情報処理のスピードは著しく落ちます。このような状態になると、人間は洗脳されやすいと言われています。

オウム真理教が、断食をさせたり、極端に粗末な食べ物を食べさせるのも、洗脳テクニックとされています。

脳の機能を活性化しておくには、バランスの良い食事を3食摂ることです。

記憶力アップには緑黄色野菜(β-カロテン)と一緒に魚料理(DHA)を食べると効果的です。

魚料理に含まれているDHAは、記憶力を高める効果があります。

しかし、酸素の影響で酸化されてしまい、本来の作用が充分に発揮されていないという研究結果があります。

そんな時、一緒に緑黄色野菜を食べることで、緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンがDHAの酸化を防いで、記憶力の向上にも一役買ってくれるのです。

あじやいわし、さばの水煮や鮭、さんまの蒲焼缶などの缶詰は汁ごと利用し、DHAを多く摂取しましょう。

そして、魚料理と同時に、かぼちゃの煮物や、にんじん、ほうれん草のバター炒めなどを一緒に食べるのがよいでしょう。

スポンサーリンク

20.記憶術を試そう

目次