語呂合わせで暗記する勉強法 その優れた記憶術と覚え方を紹介します。

04.暗記のラッキーセブンの法則

記憶術の仕方・方法通信講座|このやり方は受験勉強にも効果的♪

人間が一度に記憶できる量は限界があります。

どんなに画期的な語呂合わせでも長すぎると覚えられません。

ここで紹介したいのが、暗記のラッキーセブンの法則です。

覚えやすい語呂合わせは、7文字、7音節単位が最大だということです。それ以上になると覚えるのが難しく、それ以下だとOKですが物足りないので、もっと覚える量を増やしてもよいということです。


たとえば、元素周期律表の覚え方として有名な「水兵リーベ僕の船。七曲がりシップス、クラークか」がどうして有名なのかと言いますと、声に出して読んでみてください。

水兵リーベ僕の船で7音節、七曲がりシップス、クラークかで7音節になるはずです。

7という数字は一番覚えやすい分量なのです。

もし7単位にならない場合には、5という分量も覚えやすいです。

5と7で何か思い出さないでしょうか?

そうです。俳句や短歌です。57577という数字は、音楽的で心にすっと入ってくるのです。

語呂合わせ暗記に関しては有名なものはそのまま使ったほうがよいですが、もしオリジナルの語呂合わせを作るならば、5か7単位にして覚えましょう。

絶対に覚えやすいです。

スポンサーリンク

5.暗記は声に出して覚える

目次