語呂合わせで暗記する勉強法 その優れた記憶術と覚え方を紹介します。

07.暗記の半減期

記憶術の仕方・方法通信講座|このやり方は受験勉強にも効果的♪

放射性物質には放射能を出す力が半分に減る時間があって、これを半減期と呼びます。

同じように記憶にも半減期というものがあります。

これは一番大事な試験会場でホワイトアウトという現象になって現れます。

つまり覚えていたはずのことが、試験会場で思い出せずに頭が真っ白になってしまうということです。

これは記憶の半減期に入ってしまい、利用できる記憶のエリアから外れている現象です。

一番の原因は丸暗記だけで終わっていて、理解が伴っていないということです。

またまた元素周期律表に登場してもらいますが、「水兵リーベ僕の船。七曲がりシップス、クラークか」を覚えれば、周期律表は書けます。

ただ、それは書けるというだけで、元素周期律表を理解していない状態です。

暗記を暗記で終わらせてはいけません。

水兵リーベを覚えたら、それに対応する周期律表の図をイメージできるようにしましょう。

図がイメージできれば記憶の半減期は長くなります。

語呂合わせ、イメージ、そして内容という三点セットで記憶を教戒していきましょう。

そうすれば試験会場で頭が真っ白になることはなくなります。

スポンサーリンク

8.メタ記憶を鍛えよう

目次