語呂合わせで暗記する勉強法 その優れた記憶術と覚え方を紹介します。

09.国語の暗記

記憶術の仕方・方法通信講座|このやり方は受験勉強にも効果的♪

国語は、問題集の暗記が一番良いでしょう。というのも、国語の問題というのはバリエーションが作りにくく、文章を示して主人公の気持ちがどんなのかを尋ねたり、文法を尋ねたりといったものが多いからです。

まずは問題集を読んで丸暗記をしてしまえば、あとは自然と応用力が付きます。

教科書準拠の問題集を3〜5種類買いましょう。

1〜2冊ではだめ。それをやるわけですが、国語が不得意なひとは大変しんどいと思うので、もしテスト範囲に詩とか俳句とか短歌が入っていたらそこだけでもいいからやって(暗記して)ください。

実力でやってもわからないことだらけの人は、いきなり解答を見ていきなり暗記につとめてください。

四文字熟語はネット上にたくさん情報がありますから、少しずつ覚えていきましょう。

四文字熟語はたいていの場合、2文字の単語が二つくっついて意味を成していますから、2文字ごとに分解した解説を読んでいけばすぐに覚えます。

スポンサーリンク

10.数学の暗記

目次